平湯館

Humberger
Close
H onsengou pc

地元の名所名物

見どころ、おいしいものも豊富な奥飛騨。
アクセスの良さは、旅の醍醐味の大きさ。

Town img
5つの温泉地からなる、
奥飛騨温泉郷。
日本の屋根と言われる北アルプス。その懐に抱かれるように広がっているのが奥飛騨温泉郷です。平湯温泉をはじめ、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉の温泉地があり、いずれも山里の郷愁を誘う風情にあふれています。
Town02
平湯白猿伝説。
その白猿は平湯神社に合祀。
昔々、飛騨に攻め入ろうとした武田軍が峠越えに手こずっていた時、年老いた白猿が突如現れ、温泉に導いたところ、みるみる元気を取り戻しました。それがいまの平湯(諸説あり)。歩いて数分の平湯神社は、その伝説の白猿を合祀しています。
Sightseeing img
上高地への玄関口のひとつ。
あかんだな駐車場。
上高地への岐阜県側の玄関口、あかんだな駐車場。上高地は通年マイカー規制が行われていますので、ここからバスかタクシーでお出掛けください。所要約30分。あかんだな駐車場へは、お隣の姉妹宿、深山桜庵を通って徒歩でも行けます。
Sightseeing02
上高地。
日本屈指の山岳景勝地。
「神降地(神の降り立つ地)」と称される上高地。日本の「風景の財産」として、特別名勝・特別天然記念物に指定。環境保護のため、通年マイカー規制されていますが、近くの「あかんだな駐車場」からシャトルバスで行くことができます。
Sightseeing01
乗鞍岳。
その拠点として賑わいが始まる。
剣が峰を主峰とする23の山々の総称、乗鞍岳。平湯は元々その拠点として賑わいが始まりました。通年マイカー規制ですが、現在も近くの「平湯バスターミナル」から路線バスで大黒岳登山口や乗鞍山頂(畳平)まで行くことができます。
Sightseeing03
平湯大滝。日本の滝百選に選定。
結氷する冬の姿も見もの。
落差64m、幅6m。深い木々を抜けていくと勇猛な姿を見せる平湯大滝。飛騨三大名瀑、日本の滝百選のひとつ。春の息吹から新緑、紅葉と季節ごとに見せる異なる表情は見もの。冬には滝がそのまま結氷する、珍しい姿を見せてくれます。
Sightseeing04
新穂高ロープウェイ。
一気に2,156m、雲上の別世界へ。
新穂高温泉駅から第1ロープウェイ、日本初2階建てゴンドラの第2ロープウェイを乗り継ぐと、そこは標高2,156mの別世界。駅舎屋上から笠ヶ岳、槍ヶ岳、奥穂高岳など3,000m級の山岳大パノラマが愉しめます。
Sightseeing05
農家直販市場 かかし庵。
平湯館からいちばん近い朝市。
平湯バスターミナルのすぐ脇にある朝市。その日の朝に収穫した野菜や果物が、所狭しと並んでいます。夕方までオープンしていることもありますが、農作物の数や種類は少なくなりますので、ご注意ください。

※記載事項は1月末現在のものです。予告なく変更になる場合もあります。

To top badge
TOP