亀島川温泉 新川の湯 ドーミーイン東京八丁堀

施設スタッフからの最新情報

 

2017年11月19日

今回は、11月中旬から新たにご提供しております『江戸前寿司』のご紹介です♪

日替りで、あなご、しゃこ、こはだ、期間限定のいくら、そしてかわいいドーミーインコの顔がついている厚焼き玉子までご用意しております!

諸説ありますが、そもそも江戸前寿司とは、江戸の文化が生んだ、江戸っ子が好む郷土料理です。
江戸時代には、屋台で立ち食いする料理で、寿司は今と違い庶民の料理でした。

江戸前寿司と呼ばれるようになったのは、江戸の前方にあたる海、当時の東京湾で多く獲れていた魚介類(あなご、しゃこ等)で握ることが由来しています。

また現在で言う握り寿司のことを指す江戸前寿司は、江戸前の「仕事」が施された寿司のことを言います。
江戸時代は現代のような保存には欠かせない冷蔵庫や冷凍庫がありませんでした。
そこで保存をしやすいように仕上げる工夫がされていました。

その工夫とは「塩や酢で締める」「蒸す・煮る」「タレに漬け込む」等といった「仕事」を施し、生の状態よりも旨味を凝縮させるといった技法です。

そんな心意気を再現した、ドーミーイン東京八丁堀の『江戸前寿司』を、是非、お試し下さいませ♪