全国のオススメ紅葉スポット17選!! Main title  en

共立リゾート厳選の
紅葉特集!!

暑かった今年の夏もようやく終わりを告げ、まもなく紅葉前線は北海道から南下を始めます。色づく列島が私たちの旅支度をいそがせるこの季節。お待たせしました、待ちに待った行楽シーズンの到来です。
旬の味覚に舌鼓を打ちながら、温泉を堪能し、色とりどりの紅葉を愛でる。そんな格別を待ちきれない旅人の皆さまへ、きっとご満足いただける厳選の紅葉とお宿を集めました。
大自然が織り成す説明不要の雄大な紅葉から、演出が施された幻想的で芸術的な紅葉まで、この期に何度も訪れたくなるお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。


AREA TRIP 注目の紅葉スポットをご紹介します。
エリアを選択してください。

  • 北海道・東北エリア見頃 9月下旬~
  • 関東・甲信越エリア見頃 10月上旬~
  • 中部・北陸エリア見頃 10月下旬~
  • 近畿エリア見頃 11月中旬~
  • 中国・四国エリア見頃 11月中旬~
  • 北海道・東北エリア見頃 9月下旬~

北海道・東北エリア

  • 阿寒湖
    北海道

    阿寒湖の水と太郎湖の水が合流し阿寒川となる景勝地として有名な阿寒湖の滝口。標高1371mの休火山である雄阿寒岳は、黄、赤、橙等の木々の色が見事な秋のコントラストを織り成す。おすすめスポットは国道240号を釧路方面へ約4kmほど下った滝見橋。ここは滝口から阿寒川の源流となる滝と多彩な木々や草花の鮮やかな色彩が融合し、幻想的な風景を生み出している。また、毎年10月上旬には、まりもを保護する目的で開催される「まりも祭」なども見どころが満載。

    9月下旬~10月上旬
    モミジ、ナナカマド、イタヤカエデ、カツラ

    阿寒観光協会まちづくり推進機構
    http://www.lake-akan.com

    Title  nearby
    ラビスタ阿寒川

    阿寒湖の周辺に広がる手付かずの森とおだやかに流れゆく阿寒川を目の前にして建つ、ラビスタ阿寒川。温泉も自然のままにこだわり、川の間近に設けられた湯船に身を委ねれば豊かな森や阿寒川の織り成す風景のなかに溶け込むような気分を味わえます。

    紅葉スポットまでのアクセス:車で約15分
    http://www.hotespa.net/hotels/akangawa/

  • 旭岳
    北海道

    大雪山連峰の主峰で標高2291mの旭岳。日本で一番早い紅葉スポットとして、常連客が多いことで知られる。標高1600mの姿見駅まではロープウェイで上がり、上空から見下ろすツツジの見事な様子は、一度見たらリピーターになってしまうこと間違いなし。雄大で色彩豊かな旭岳の紅葉、秋のトレッキングは少し遠出をしてみてはいかがだろうか。

    9月中旬~10月上旬
    ナナカマド、ツツジ

    旭岳ビジターセンター
    http://www.welcome-higashikawa.jp/info/?c=16&s=6912

    Title  nearby
    ラビスタ大雪山

    神々と遊ぶ庭(カムイミンタラ)とも言われる大雪山を仰ぎみるように佇むラビスタ大雪山では、四季折々の自然の表情を楽しめます。館内には趣向を凝らした天然温泉のお風呂やお食事など、大雪山の自然を楽しむ術が揃っています。

    紅葉スポットまでのアクセス:徒歩約10分
    http://www.hotespa.net/hotels/daisetsuzan/

  • 八幡平
    岩手県

    高さ2038mの岩手山から北麓、標高500mから600mにかけて広がる八幡平温泉郷。松川渓谷に架かる森の大橋から眺める紅葉は、川とそれに沿うようにして繁る木々との対比が、写真初心者でも思わずカメラを構えてしまうほどに素晴らしい。風景写真家や画家も多く訪れる、東北の絶景をお楽しみいただきたい。

    10月中旬〜10月下旬
    ミズナラ、カエデ

    八幡平観光協会
    http://www.hachimantai.or.jp

    Title  nearby
    ラビスタ安比高原

    春から夏にかけては観光や避暑地、冬はスキーリゾートとして盛り上がる安比高原にある湯宿。この宿の自慢である特徴的な肌触りの温泉は、希少なモルデン沸石の地層から湧き出るナトリウム-炭酸水素塩泉で、化粧水のようなとろみがあり、美肌の湯としても知られています。

    紅葉スポットまでのアクセス:車で約15分
    http://www.hotespa.net/hotels/appi/

  • 鳴子峡
    宮城県

    国道47号に平行して走るV字型峡谷の鳴子峡は、大谷川の侵蝕により成立した峡谷で、高さ約100mの断崖絶壁が2.5kmに渡って続く。さながらその光景は日本のそれとは思えない。断崖の中に、奇岩と松の緑が点在し、織りなす紅葉美は数ある名所の中でも第一級といわれるほど。峡谷ならではの静けさもスピリチュアルな空気を作り出す。

    10月下旬~11月上旬
    ウリハダカエデ、コシアブラ

    鳴子温泉郷観光協会
    http://www.naruko.gr.jp

    Title  nearby
    湯元 鳴子吉祥 2016年10月OPEN

    千年を超える歴史を持ち、泉質の良さから「みちのくの名湯」といわれる鳴子温泉。この由緒ある温泉地に2016年10月にNEW OPENする「鳴子温泉 湯元吉祥」では大浴場から露天風呂、貸切風呂までかけ流しで楽しめます。

    紅葉スポットまでのアクセス:車で約10分
    http://www.hotespa.net/hotels/kissho/

  • 関東・甲信越エリア見頃 10月上旬~
  • 中部・北陸エリア見頃 10月下旬~
  • 近畿エリア見頃 11月中旬~
  • 中国・四国エリア見頃 11月中旬~
  • 北海道・東北エリア
  • 関東・甲信越エリア
  • 中部・北陸エリア
  • 近畿エリア
  • 中国・四国エリア