コンセプト
コンセプト
  • TOP
  • コンセプト

コンセプト コンセプト

ただ、川と温泉があるだけの森に。

ここは、かつてから手つかずの自然が残る豊かな森。
この森の、ありのままの自然とひとつになりたい…。
そんな思いを10年募らせて、2015年9月、ラビスタ阿寒川は、グランドオープンへと辿り着きました。

できるだけ、人の手を加えない。自然の邪魔をしない。 できるだけ、人の手を加えない。自然の邪魔をしない。

自噴する温泉。地形を活かして建てられた建物。
全てはありのままの自然の豊かさを感じていただくために。

川はいつも同じように見えて、違う水が流れています。その表情も、日によって季節によってさまざま。
森も、光や風、湿度などによって、微妙に表情を変えます。
そんな、ありのままの自然、その豊かさを感じていただくために私たちが決めたこと。
それは、できるだけ、人の手を加えない、自然の邪魔をしない…。
温泉は掘削し、湯脈を掘り当てて汲み上げるのが一般的ですが、ラビスタ阿寒川では川の畔のあちこちで自噴している温泉を
集めて使用しています。
館内で使用する水の源水はすべて、近くで湧き出ている泉から引いたもの。
また、森の中に踏み入るわくわく感を堪能していただくために、もともとの地形をできるだけ生かして建てています。
こうした思いや取り組みは、自然を何よりも大事にするアイヌの人たちの心からも学ばせていただきました。

ゆらぎを愉しむ。ゆらぎに身を委ねる。 ゆらぎを愉しむ。ゆらぎに身を委ねる。

心の赴くまま、「心のゆらぎ」のまま過ごすひと時。

人は、規則正しさの中にある不規則な動きに、心地よさを感じるといわれます。いわゆる「ゆらぎ」です。
ラビスタ阿寒川には、ゆらぎがたくさんあります。
その代表格が、目の前を流れる阿寒川。
同じように見えて、微妙に表情を変える川の流れ、そして川音。
風に揺れる木々、その音もゆらぎです。
さらには、星のきらめき、暖炉の炎、舞い落ちる雪や木の葉など、枚挙にいとまがありません。
何かをしようと決めて行動するのも良いですが、心の赴くまま、「心のゆらぎ」のまま過ごすひと時も一興かと思います。

過ごし方はこちら

手作りの中にある「ゆらぎ」

アイヌの手作り工芸品

館内にあるアイヌの工芸品はすべて、アイヌコタン(アイヌ村)の木彫り職人さんとその奥様たちによるもの。手にして、目にして、何となく心地よく、心暖まる感じがするのは、手作りの中に存在する「ゆらぎ」のためといわれます。
散策がてらに探してみてください。

  • 木彫りの酋長

    木彫りの酋長

    フロント脇で皆さまをお迎えしている、ラビスタ阿寒川のシンボル

  • 木彫りのフクロウ

    木彫りのフクロウ

    アイヌの神話にも出てくるフクロウ。
    ほかにも「不・苦労」として親しまれています。

  • ルームキー

    ルームキー

    木彫りのキーホルダーが付いています。オリジナルの手彫りなので、同じものはふたつとありません。

阿寒川を臨む、そこは貴賓席。 阿寒川そこは貴賓席。

阿寒川を臨む、そこは貴賓席。
阿寒川を臨む、そこは貴賓席。
阿寒川を臨む、そこは貴賓席。

館内には眺めを楽しめるスペースがあちこちに。
あなたのベストビューポイントをお探しください。

阿寒川の流れ、その先にある豊かな森。
ここには、時間を忘れてしまうほどの景色があります。
その眺めをお愉しみいただくために、お部屋には大きな窓とリバービューシートをご用意させていただきました。
いまご覧になっている眺めは、このお部屋だけのもの。
ほんの1~2メートル移動しただけでも、その眺めは大きく変わります。
館内には、大きく採った窓から眺めを愉しめるスペースがあちこちにありますので、
お気に入りの眺めを探しに、館内を巡ってみてはいかがですか。
あなたのベストビューポイントはどこか、こっそり教えてください。

お部屋詳細はこちら

温泉のお湯も、川の水の巡り。 温泉のお湯も、川巡り。

温泉のお湯も、川の水の巡り。
温泉のお湯も、川の水の巡り。
温泉のお湯も、川の水の巡り。

温泉のお湯は、いわば川の水が巡り巡ったもの。
天然温泉に浸かりながら、阿寒川との一体感を感じてください。

温泉と川。一見、まったく違う水ですが、実はつながりがあります。
温泉のお湯は、雨や雪が長い年月をかけて地表深く染み入り、それが熱せられて湧き出たもの。
いわば、川の水が巡り巡ったものともいえます。
そんなことを思うと、お風呂から眺める阿寒川との一体感がさらに増してくるのでは…。
お湯は、大浴場・貸切風呂・客室の展望風呂などすべて、敷地内で自噴する天然温泉。泉質は、鉄分を多く含む単純泉です。
時期により、にごり湯になることもありますが、天然温泉ゆえご了承ください。

温泉詳細はこちら

川がもたらす恵みに、舌つづみ。 がもたらすみに、舌つづみ

川がもたらす恵みに、舌つづみ。
川がもたらす恵みに、舌つづみ。
川がもたらす恵みに、舌つづみ。
川がもたらす恵みに、舌つづみ。

川がもたらす自然の恵みをたっぷりと堪能。

川は水といっしょに自然の養分を下流へと運びます。水を得た大地は豊かになり、季節に実りをもたらします。
川からの活力を得るのは、海も同じ。
川があることで水が巡り、自然の恵みを受け取れるのです。
そんな川の流れを見ながら、川がもたらす自然の恵みを味わえます。
コタン鍋をはじめ、北海道で獲れた旬の食材をふんだんに使ったお料理を
たっぷりとご賞味ください。

お料理詳細はこちら

夜の帳が下りても、川は眠らない。 りても、川らない

夜の帳が下りても、川は眠らない。
夜の帳が下りても、川は眠らない。

ライトアップされた川や森が、幻想の世界へと誘ってくれます。

日によって、季節によって、表情を変える川の流れ。夜はどんな顔をしているのでしょう。
絶え間ないその音に耳を傾けながら、夜の川の表情を覗いてみませんか。
ほのかなライトアップで森を照らしています。
光を受けてきらめく川面や森は、もうひとつの「ゆらぎ」として、私たちを幻想の世界へと誘ってくれます。

微妙に表情を変える川や森。その姿が劇的に変わるのは、季節の移ろい。
いま、ご覧になっている景色が、違う季節にはまったく違う表情を見せます。
若芽が萌える春、緑深まる夏、赤や黄に色づく秋、そして銀世界の冬。
森の彩りが変わり、それを移す川面も季節によって違う魅力を見せてくれます。

  • 景色 画像
  • 景色 画像
  • 景色 画像
  • 景色 画像
  • 景色 画像

景色 画像

「イヤイライケレ(アイヌ語で”ありがとう”の意)」。
次の機会には違う景色をご用意して、お待ちしております。

ありのままの自然にいだかれてここは、ただ川と温泉があるだけの森。