Loading...

東京で日本を味わいましょう!

古来より、日本には季節の移り変わりを、空・花・葉っぱ・果実など、自然の色になぞらえ、愛でるという風雅なならわしがあります。THE TOKYO SMOOTHIEは、素材と色にこだわり、東京で、日本の四季と味を感じていただけるスムージーです。一日のスタートはこの一杯から。今日も良い一日でありますように・・・♪

Season 春の 日本は コレ! THE TOKYO SMOOTHIE

春の 日本は コレ! THE TOKYO SMOOTHIE

トマト嫌いが大絶賛!

愛媛県産美味しすぎるトマトだけのスムージー

  • 低カロリー
  • 美味しい!
  • リコピン入り
  • 100mlあたり37

秋と言えばやっぱり"ぶどう"
中でも高い糖度とジューシーさを誇る青森県鶴田町※産スチューベン 100 %ジュースにカルピスで爽やかな酸味をプラスしました。 深い紫色はポリフェノールたっぷりの証。
素直にオイシイ♪思わず笑顔になる仕上がりです。

※鶴田町はスチューベン発祥の地ニューヨークとよく似た気候風土で、 とても品質の良い実がなり、なんと生産量日本一!

  • 愛媛県産トマト「桃太郎」
  • トマトジュース
Tomato

「スチューベン」というぶどう、ご存知ですか?
とっても糖度の高くてジューシーなこの品種、アメリカはニューヨーク州生まれですが、その生まれ故郷と似た冷涼な気候風土を活かし青森県でもたくさん作られているのです。
本スムージーで使用しているのは生産量も日本一の青森県鶴田町で丁寧に栽培されたもの。
最近は、食べやすさ重視でホルモン処理等施した種無しぶどうなども出回っていますがこのスチューベンは自然の力を活かした野生に近い品種です。
そのスチューベン100%ジュースを贅沢に使用したお味は「そのまんま、ぶどう!」
童話や絵本に出てきそうなキレイな紫色も秋気分を盛り上げてくれること請け合いです。

原材料の品質ももちろんですが、「いかに素材の美味しさを活かして加工するか」も美味しいスムージー作りの大事な要素。(有)まごころ農場さんの大きなご協力でとびきり美味しいぶどうのスムージーができました!

絶妙の甘酸っぱさ!

青森県産桃とヨーグルトのスムージー

  • 2種の桃!
  • 甘い!
  • 乳酸菌 入り
  • 100ml あたり 43 kcal

えっ焼き芋のスムージー!?
ドーミーインのスタッフも驚きましたが、おそるおそる試してみると…香ばしい香りと上品な甘さが「おいしい~っ」と大好評。
焼き芋以上に焼き芋感満載!の新食感スムージーです。
鹿児島県種子島でこだわって作られた極上の安納芋100%焼き芋ペーストにミルクを加え糖度を調整しただけという材料のシンプルさも自慢!ぜひお試しください。

  • 青森県産「あかつき」及び「川中島白桃」
  • プレーンヨーグルト
Peach & Yogurt

最近すっかり全国区になった安納芋ですが、実は産地や栽培方法によって食味や糖度にかなり違いが出るそうです。
本家、種子島では、土壌の管理から収穫後の貯蔵による糖度アップまで、特別なこだわりを持って作られています。
その種子島産の厳しい品質基準をクリアした安納芋を、焼き芋にしてからペースト状にしたものが本スムージーの材料。
甘いのにさっぱりした上品な後味、そして焼き芋にした時の、何とも言えない香ばしさ。
スムージーで焼き芋ってちょっと不思議なんですが…一口で『あっ本当に焼き芋!』ってわかるはず。特に、焼き芋好きの女子にはぜったいぜったい試してほしい一品なのです!

THE TOKYO SMOOTHIEはこちらで飲める

THE TOKYO SMOOTHIEはこちらで飲める

dormyinn made with GINSAI

THE TOKYO SMOTHIEが生まれたのは、
「世界の旅人の朝を元気にしたい」という思いから。
私達のパートナーは、契約農家から直送の有機野菜を使った
食事を提供する銀座七丁目のビストロ“GINSAI”。
そんな「自分を守るカラダづくり」を食から目指すGINSAIと、
ビジネスマンの朝を元気にしたいというドーミーインが
コラボレーションして作り上げました。

THE TOKYO SMOOTHIE

THE TOKYO SMOOTHIE はこちらで!

タイの忍者がグローバルキャビン東京五反田でスムージー体験

PAGETOP