和洋の調和が美しい、運河の街へ。

石造りの倉庫群が当時の様子をしのばせる。堺町本通りはレトロ可愛い雰囲気でいっぱい。

女友達とふたりで小樽のレトロを楽しむ旅へ。

モダンな街灯、建物や看板、人力車などに見とれて歩くうちに着いたのは、映画の1シーンのような旧手宮線跡
そして10分後には、小樽運河に到着した。一見して歴史を感じられる倉庫とガス灯がずらり。運河にはとうとうと水が流れ、風が吹き抜ける。

旧日本郵船

異国風の風景にうっとり。

運河沿いを軽やかに歩き、途中、新鮮な海鮮ランチに舌鼓を打ったら、「北のウォール街」へ。デコラティブな装飾、アーチを描く窓、積み重ねられた外壁などは、どこか異国風。見るからに重々しい鉄の扉は深い色に変色し、長い時の流れを感じさせる。
思わず触れて、その素晴らしさを友に伝えようと横を見ると、同じように彼女もそっと手を伸ばしていた。

北海道で一番初めに開業したという手宮線の跡地。歴史ある線路の上を自由に歩ける。
 
 
ガラスなどの実用品から手の込んだ工芸品まで、品揃え豊富なガラス製品は見てて飽きない。北一硝子三号館
TEL:0134-33-1993 AM9:00〜PM6:00 年中無休

和と洋が調和する市街地でショッピング。

そして私たちは、さらにレトロな街並みを体感しに、堺町本通りへ足を向ける。道の両側に、和洋折衷の建物。洋風の窓に、和風の瓦屋根。アイアンレースの窓飾りがあるかと思えば、筆文字で書かれた看板がある。
でも、不思議と調和は取れている。
その通り沿いにあった老舗のガラス屋さんにふらりと入ってみる。光を受けて柔らかく輝く精巧なランプシェードにうっとり見とれ、横にあったステンドガラス風の手鏡にも目移りする。あれこれと迷いながらも、私はグラスセット、彼女はフットランプを自分用のお土産に選んだ。
小腹の空いた私たちはカフェに寄り、ケーキセットをいただく。

カフェを出て、澄んだ空気を思い切り吸い込み、また歩き出す。夕焼け空の下、もう一度小樽運河へ。昼間とは違い、運河のガス灯には明かりが灯っていた。冬になると雪で作ったキャンドルも並び、よりいっそう美しく、幻想的になるという。そんな光景も見てみたいね、と話すうちに、辺りはすっかり夜色に染まっていた。
寿司屋通りでお腹を満たしたら、駅前のホテルへ。

 
 

旅先なのに落ち着く空間。

畳のある和洋室は、やはり落ち着く。自宅のようにほっとする快適空間に旅の疲れも癒される。私たちが泊まった畳のある和洋室以外にも、いろいろなお部屋があるらしい。どの部屋もモダンな雰囲気。新鮮な海鮮の他、トウモロコシ等の大地の恵みをたっぷり食べられる朝食で、朝から大満足。ロビーの椅子もクラシカル。重厚な調度品の数々が並ぶ。

小樽らしい和洋折衷の空気と温泉があるホテルへ。

すっきりとした外観とはうらはらに、ロビーでは、ステンドグラスのランプやアンティークなチェアーが私たちを出迎えてくれた。

ホテルのロビーは贅沢な雰囲気。一歩はいると、駅前の喧騒を忘れさせてくれる。
 

疲れていても、お部屋に着くとやはりわくわくする。ドアを開けると、畳にベッドのある和洋室。街と同じく、ここも和洋折衷の心地よさが溢れている。ジャケットやマフラー、バッグの重さから解放されて、畳でごろごろ。
ささやかだけど「日本人で良かった」と思う瞬間。

ホッと一息つき、お部屋をぐるりと見て回った後は、さらなる「日本人で良かった」を味わいに大浴場へ。小樽にも温泉が湧くらしく、ここのお湯は天然温泉。広い湯船につかると、今日一日の旅疲れもフワーッとお湯に溶けだしていくような感じがする。
外の風を感じながら入れる岩風呂に移動すると、秋の夜風の冷たさと、お湯の優しい温かさのバランスが絶妙。

オレンジの明かりが素敵な大浴場。小樽運河のガス灯をイメージしたものらしい。
露天風呂のように外の空気を感じられる岩風呂・檜風呂もある。

部屋に戻ってからは、湯上がりの心地よい気だるさに導かれ、すぐにベッドへ。夢の中でも、レトロな小樽が見えた。

 
 
小樽マップ

小樽で寛ぐ、アクセス抜群のホテル

天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽
〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-9-1 TEL.0134-21-5489
交通のご案内:JR函館本線「小樽駅」より徒歩1分
  • 施設詳細はこちら
  • プラン詳細はこちら
 
閉じる